2017年10月05日

捨てられた子猫

近所で子猫が鳴いています。つかまえて我が家でご飯を食べさせようか、それをやったらもう手放せなくなるんだろうな。3匹が4匹になっても大した差じゃないか?

「おいで」と声をかけたけれど、警戒して寄ってきません。一度家に戻って、猫缶を持って行きました。通りがかりのお姉さんが、鳴いている子猫を見守っていました。私は缶詰を食べさせ、二人で子猫が食べるのを見ていました。よその家の駐車場の片隅みとはいえ、缶をそのまま置いて行くのははばかれ、中身をコンクリートの上に出して私はその場を離れました。お姉さんはまだそばにいました。子猫を連れてってくれるといいなぁ。

1005.jpg
珍しく私の布団の上で
posted by オットットの母 at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください